調剤併設型ドラッグストア勤務、ひよっこ薬剤師のメモ帳!

薬剤師国家試験に向けた勉強方法や就職に役立つ情報を提供!

<生物> 第101回薬剤師国家試験 必須 問13

 

 

こんにちは、ひよっこ薬剤師です。

 

 

実習に来ている学生から、

過去問集の解説だけでは周辺の知識がなく理解しにくいところがある!!、という相談を受けたことがきっかけで、自分なりに解答への道のりや周辺知識をまとめてみようと進めている企画です。

 

 

今回取り上げる問題は、例年通り単語とそれが指す内容を理解しているだけで答えを選ぶことができるものです。

 

いわゆる王道な問題です。

 

こういった問題で点の取りこぼしをしないよう暗記,理解の徹底をしておくべきです!

 

 

天才を除いては、皆1度で暗記することは不可能に近いです。

 

そのためにも、勉強した翌日、1週間後、1ヶ月後と定期的に復習する時間を確保することで知識を定着させましょう!

 

 

今回は前置きがサッパリしすぎましたが、問題がどのようなものか見ていきます🤓!

 

 

目次

~ 第101回薬剤師国家試験 問13 ~

f:id:ytrt-tera:20190629093258j:image

今回は翻訳に出てくる語句を覚えているだけで、正解を選ぶことができる問題です!

 

ですが選択肢を見てみると、翻訳以外に遺伝子発現に関わるRNAも登場しております。

 

今後理論などでも問われる可能性が高いためどのような役割であるか、今一度確認し知識として蓄えておきましょう!

 

 

では、次の項目で各選択肢の役割を確認していきます!

 

 

~ 翻訳,遺伝子発現に関与するRNA ~

各選択肢のRNAがどのような役割をするのか、簡潔に箇条書きで示していきます!

 

rRNA

タンパク質合成の場であるリボソームを構成するRNA!

最も存在量が多いことが知られています!

 

tRNA

タンパク質合成に必要なアミノ酸と結合し、アミノ酸をリボソームへ運ぶRNA!

アミノ酸が3’末端の水酸基に結合することで、アミノアシルtRNAとなる。

 

mRNA

タンパク質のアミノ酸配列を規定し、翻訳の鋳型(元になる)RNA!

 

miRNA

細胞内に存在する短い一本鎖RNA!

タンパク質と複合体を形成し、標的となるmRNAと結合する!

→それにより標的mRNAの切断や翻訳の阻害により遺伝子発現を抑制!

※miRNAはがんの発症に関与するものがある。

がんの抑制に関与するmiRNA 

→ Tummor Suppressor miRNA

がん化に関するmiRNA

→ Oncogenic miRNA

 

siRNA

細胞内に導入された二本鎖RNAが分解されて生成する短鎖RNA!

miRNAと同様、複合体を形成することで標的mRNAを切断することで遺伝子発現を抑制!

 

 

~ 答え ~

上記のことから、選択肢2.が正答です。

 

 

~ まとめ ~

・翻訳,遺伝子発現に関与するRNAがどのような役割なのか覚える!

・周辺知識として、真核生物ではRNAポリメラーゼの3種類、Ⅰ型,Ⅱ型,Ⅲ型がそれぞれ何を合成するか確認しておく!

 

・免疫などの範囲と違い、自己学習で理解しやすいため、実務実習期間中に進めておこう!